児童文学講座

 「『子どもの本の専門家』養成講座」が半年間の連続講座であるのに対し、連続受講が難しい方にも、その趣旨をご理解いただき、学べる機会を提供したいと始められたのが「児童文学講座」です。

 全国的に活躍されている講師をお迎えし、年に2回ほど、それぞれ半日または一日の講座を開催しています。

児童文学講座 過去の様子

(これまでお迎えした講師は、「これまでのあゆみ」をご覧ください)

 2021年 5月 開催 

講座 「ルドルフが甲府にやってきた」

あの「ルドルフとイッパイアッテナ」シリーズ作者の斉藤洋先生に、作品の裏側や、児童文学について、たっぷりお話してもらいます。(大人向けの講演内容です)

日 時:2021年 5月15日(土)13:30~15:00

参加費:1,000円

講 師:斉藤洋 先生

定 員:60名

会 場:山梨県立図書館 1F イベントスペース

受 付:受付は終了しました

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、検温の上、マスク着用をお願いいたします。感染拡大状況によっては、やむなく中止することがあります。

ルドルフが甲府にやってきた
 

開催の様子

2021(令和3)年5月15日(土) 山梨県立図書館イベントスペースにおいて、『ルドルフとイッパイアッテナ』シリーズの作者である斉藤洋先生の講演が行われました。先生の生い立ちから、ルドルフシリーズ作品執筆のきっかけや現在執筆中の作品についても伺いました。

202105 - 児童文学講座002.jpeg
202105 - 児童文学講座003.jpeg

子どもたちにとって面白い作品とは、どのようなものか。シリーズのテーマは親子関係と成長であること、ルドルフの舞台に甲府が選ばれた秘話、執筆中の西遊記の読み解き方など、常に会場から笑いが溢れる公演となりました。
講演概要は、7月1日発行予定の会員向けニューズレターNo.64号でお知らせいたします。

202105 - 児童文学講座001.jpeg

過去に開催された児童文学講座については【こちら】から