講師派遣事業

山梨子ども図書館では、読み聞かせ講座や絵本講座に、講師を派遣しています。

【2020年度 山梨子ども図書館 講師派遣事業】

◆南アルプス市立図書館 読み聞かせ講座「ようこそ!楽しい絵本の世界へ」

10月15日(木)
10月22日(木)
10月29日(木)

第1回「読み聞かせが育むもの」
第2回「絵本の選び方」
第3回「読み聞かせの方法」

-

202010 - 読み聞かせ講座写真.JPG
 

◆山梨県立中央高校 1・2年生

10月21日(水)、11月18日(水)

朗読の授業として生徒たちに実践しました。先生方が驚くほど、よく聞いてくれました。

◆南部町図書館 読み聞かせ講座

10月24日(土) 18:00~20:00

読み聞かせのための選書の基本、子どもの本の特徴と読みつがれてきた本に学ぶ大切さ、昔話の先取りのたのしみなどについて講義しました。
読書ボランティアや保育士、司書が参加されました。
その後ボランティアの皆さんが、『絵本論』や『児童文学論』など瀬田貞二の本を借りるという、スキルアップに頑張られる姿が見られたそうです。

202010 - 南部町図書館読み聞かせ001.jpg
202010 - 南部町図書館読み聞かせ002.jpg

◆山梨県立白根高校 3年生(子どもの発達と保育課程受講生)

10月29日(木) 8:50~10:40

毎年この時期に行っている講座です。 
絵本の選び方や絵本の紹介、みごとな言葉との出会い(読書)の大切さもお話しました。
皆さん熱心に聞いてくださいました。また校長先生も一緒に聞いてくださり、他の生徒たちにも聞かせたいとお褒めの言葉をいただきました。
生徒たちからは、「読み方よりも本を選ぶ方が大事だと知った」「本や絵本を読む意味がわかった」「子どもが絵でストーリーを読んでいると知って驚いた」などのほか「保育者になったら、子どもたちに何か与えられるような絵本を読みたい」という声も寄せられました。

202010 - 山梨県立白根高校にて001.jpg